今さら仮想通貨を全力でオススメする3つの理由

今さら仮想通貨をオススメするわけ

こんにちは、後藤むーん(@GoToMoooon)です。今日もよろしくお願いします!

今回は「今さら」ながら仮想通貨を始めるべき三つの理由について書きます。

①まだまだ開発段階

みなさんの周りで仮想通貨の技術を目にしたことありますか?

せいぜい一部の店で支払いができるくらいですよね。でも仮想通貨を支える技術は金融だけに向けられたものではないんですよ。さまざまな分野で応用が期待されている技術なのです。

そしてまだまだ開発段階。伸びるしかないものなのです。

コインチェック事件の特集をしていた某番組のご高齢の某司会者が「何だかよく分からない。実態が無いものなんて信じられない」的なことをおっしゃっていたのを耳にして、私はこれは絶対に伸びると確信しました。

インターネットやパソコンが普及され始めたとき同じような事を言っていた人達があなたの周りにもいませんでしか??その人達の行く末はどうなりましたか?

インターネットは人々の生活を一変させたことは疑う余地がありません。仮想通貨を支える技術はそれ以上の革命を起こすと言われています。

そう、まだまだ参入するには遅いとは言えません

②まだまだ一部の人たちしかやっていない

続いて、このグラフを見てください。

これは2018年2月10日のビットコインの法定通貨ごとの取引量を示したグラフです。皆さんは何を感じますか?

日本人ばっかりやってるじゃん

おそらくこう思った方は多いと思います。そして、

日本人が手を引いたら終わりだな

とも思われたかもしれません。

でも私はこう考えます。

まだ、ほとんど日本人しかやってないじゃん

そして、もう一つ私がこのグラフで注目しているのはEUR(ユーロ)の少なさです。

日本の人口は約1.2億人。ユーロ圏の人口は3.2億人。日本の約3倍です。

今後ヨーロッパの人たちが本格的に仮想通貨の取引に参入してきたら、仮想通貨への需要が高まり価値が大きく上がっていくと期待できるのです。

③まだまだ市場が小さい

本日2018年2月10日の仮想通貨全体の時価総額↓

$435,463,989,632

(参考:https://coinmarketcap.com/charts )

桁数多くて混乱しますが、約4350億ドル。日本円にすると約47.3兆円
この数字だけ見ると途方も無く巨大な数値に感じてしまいますね。

続いてこの額を見てください。

$793,626,373,330

これは同じ時間のある分野の時価総額です。

約7936億ドル。日本円にすると約86.3兆円
実はこの数値、ある一つの企業の株価の時価総額です。
みなさんご存知のAppleの時価総額なのです。
(参考:https://www.nasdaq.com/symbol/aapl )

驚くべきことではありませんか?

仮想通貨全体の時価総額がたった一つの企業の時価総額の半分程度でしかないのですよ。

仮想通貨の技術がより広く実用化され、その価値が認められれば認められるほど、株や不動産といった資産の一部と考えて運用する人たちは増えていくでしょう。

この点から考えても、やはり価値が高まっていくと期待できるのです。

まとめ

ここまで、3点仮想通貨をオススメする理由を書いてきました。

私は仮想通貨の未来を信じています。だからこれからも投資を続けていきます。

皆さんも少しでも興味が湧きましたら、この世界の将来に投資するつもりで仮想通貨を始めてみたらいかがでしょうか。今からでも遅くないと思いますよ!

ではまた!

追記

正直に申しますと他にもいくらでも仮想通貨に期待せずにはいられない理由がありますが、それについてはまたの機会に記事にできればなと思っています。