ビットコインって何?超簡単に考えました。

ビットコインって、何なの?超簡単に考えました。

2018年1月に起きたコインチェック事件の影響もあり、200万円以上だったビットコインは大きく値を下げました。しかし、一時60万円台まで落ちたところを境に徐々に値段を回復させ、ついに100万円を突破しました!(と思ってたらあっという間に現在は115万円近くまで行ってしまいました)

これはわずか一月の間の出来事です。

散々「ビットコインは終わった」とか「中国が禁止する」ってニュースが流されていたはずなのに。それでも不死鳥のように戻って来れるのは、ビットコインが、コインチェックとか中国とかそういう狭い世界の住人ではないからなのでしょう。

やっぱり分かる人には分かるんです、その可能性が

ということで、今回はビットコイン100万円復活記念として、これからビットコインを買ってみようと思っている方やちょっと気になり始めてきた人向けに、少しでも分かりやすいようにビットコイン、仮想通貨のすごさを超簡単に書いていきます!

そもそもビットコインって?

そもそもビットコインって何?仮想通貨って何?って思いませんか?

まず、ビットコインっていうのは様々な種類がある仮想通貨の内の一番有名なものです。そしてビットコインに使用されている技術を参考にしたり応用したりして他の様々な仮想通貨が生まれました。ですので

ポイントビットコインは仮想通貨のボス

こう思って大丈夫です。

ビットコインの特徴

ビットコインの特徴を技術的なことは抜きにして超簡単にまとめると、

・ビットコインは触れません。
・ビットコインは世界中に送れます。
・ビットコインは世界で使えます。
・ビットコインはみんなが管理人。
・ビットコインは偽造できません。

こんな特徴を持っているお金の一種です。

・ビットコインは触れません。

ビットコインはネットワーク上のデジタルデータなので、紙幣や硬貨があるわけじゃありません。だから手に取ったりかじったりできません。

・ビットコインは世界中に送れます。

ビットコインはデジタルデータってところと関係しているのですが、ネットワークに接続できる環境があればどんなに離れていてもビットコインのやり取りができちゃいます

もし日本円をフランスにいる友人に送りたいってなったら、まず日本の銀行に行ってユーロにしてからフランスの銀行にお金を送って…。凄い手間です。でもビットコインを送る場合は、ネットにつながっていれば手続き自体はあっという間に終わっちゃいます。

・ビットコインは世界で使えます。

ビットコインはどこかの国や団体が管理しているわけじゃありません。だから、もしビットコインが世界に広まったら、わざわざハワイに行くときに空港でドルに両替する必要がなくなります。

・ビットコインはみんなが管理人。

では誰が管理しているの、と思うかもしれません。答えはビットコインを持っている人みんなが管理しているのです。みんなが管理人でいられるのは、ビットコインのブロックチェーンっていうすごい技術があるからです。

・ビットコインは偽造できません。

ブロックチェーンっていうのは、みんなのビットコインの利用履歴みたいなものです。しかもその履歴は全てネットワーク上に記録されていてみんなが見ることができます。そして技術上はコピーすることができません

凄いでしょ?

じゃぁ何でまだ広まってないの?ってことになると思います。

ビットコインの課題

その理由は、

・ビットコインの送金の問題
・ビットコインを悪用しようとしている人たちがいる
・ビットコインを規制したい人たちがいる
・ビットコインは値段が安定していない

といった課題があるからです。

・ビットコインの送金の問題

先ほど「ビットコインは世界中に送ることができる」と書きましたが、実はすぐに送金が完了するわけではありません。ビットコインはみんなが管理人でみんなで監視しています。そして不正にコピーされたものではありませんよというチェックがされています。

このチェック作業の流れをもう少し詳しく書きます。

ビットコインの取引の際、「ビットコインの取引は正しいかどうか」を頑張ってチェックしている人たちがいます。ビットコインの取引をした側の人たちは、「正しいって証明してくれてありがとう!」と給料を支払います。

このチェック作業のことをマイニング(採掘)と呼びます。そしてマイニングを専門にやる人たちのことをマイナーといいます。そしてマイナーに支払われる給料は「手数料」としてビットコインの取引の際に差し引かれます。

「安部コインをマイニングして稼ぐ」って冗談ぽく言われるときがあります。安部コインとは安部首相のコイン、日本円の例えです。つまりこの冗談は日本円を働いて稼ぐっていうことを意味しているわけです。ビットコインとマイニングのイメージ何となく分かりますかね?

話しを戻しましょう。ビットコインの取引が少ないときは問題ないのですが、もしビットコインの取引量が急激に増えてしまった場合、このチェック作業も増えてしまいます。その結果時間が掛かってしまいますし、大変な作業をしなくちゃいけないんだからと、マイナーたちに支払う給料も上げなければいけません。つまり手数料も上がってしまいます。

こんな状態が続いたら、昔のように銀行から送金するのとたいして変わらないってなっちゃいます。

でもご安心ください。対策として様々な取り組みがなされています。仮想通貨業界には世界の超優秀な人材が集まっていますので、いずれ解決される問題であろうとみなされています。

・ビットコインを悪用しようとしている人たちがいる

ビットコインは世界中で使えるので、犯罪の取引やテロなどの資金に使われる可能性があります。

「ビットコインはみんなが管理していてチェックされている」と書きましたが、それはあくまでビットコインの取引が正しいかどうかをチェックしているだけで、取引している人たちの情報をチェックしているわけではありません。ビットコインを使う目的までは分からないのです。だから、もし悪い人が犯罪目的で使用しようと思えばできちゃうわけです。

・ビットコインを規制したい人たちがいる

当然、国家の偉い人たちはこういう事態になるからけしからんと言って規制をしようとするわけです。

でも偉い人たちが規制したい本当の理由は他にもあります。それは税金です。

ビットコインは国が管理しているわけではないので、国民の経済活動を把握できなくなってしまいます。国民が何を買ったとか、いくら稼いだとか分からなかったら、消費税だとか所得税とかいった税金を徴収できなくなってしまいますからね。

現状、犯罪対策としてビットコインを売買できる取引所を利用するために身分証明書の提出を義務付ける世界的な動きがあります。身分がはっきりしている人じゃなきゃ使えないようにするわけですね。(ちなみにこれは昨年、日本が率先して取り組んできた方法です。いかに日本の取引所が進んでいるかが分かります。)

税金に関しては、どこの国も自国の法律が追いついていないといった状況でしょう。色々試してその時その時で税金の徴収方法は変わっていくのだろうと思います。それにまだまだ自国の法定通貨の方が信頼性が高いし、ビットコインで買い物をしたり給料をもらったりといったシステムも整っていないので、そこまで国家にとって不都合な事態には至っていないと思います。ビットコインが浸透する過程で徐々に法律も適応していくのではないでしょうか。

次の項でも述べますが、厳しい規制をしてビットコインを潰すよりも、ビットコインの将来性を伸ばした方が国家にとっても大きなメリットがあるので、本気で国家がビットコイン、仮想通貨を潰しに掛かるとは思っていません。

ビットコインの将来

まだまだ解決すべき問題はたくさんありますが、私はビットコイン、仮想通貨の未来は明るいと思っています。なぜなら、

・ブロックチェーンの可能性

の面で期待できるからです。ビットコインは偽造ができませんと書きましたが、これはブロックチェーンの技術によって可能になるものです。この技術はとても広い範囲で応用が可能なものなのです。

例えば、パスポートや運転免許証などの身分証は偽造されたら困りますよね。ブロックチェーンの技術を使えば偽造は不可能になります。

他にも食品の産地偽装なんてことはなくなるでしょうし、逆にある地域の特産品がきちんとその地域で作られたということを証明することもできるようになるでしょうね。

アイデアはいくらでも生み出せるし、すでに少しずつ実用化されてきています。

仮想通貨のもたらすメリットは間違いなく国家にも素晴らしいメリットをもたらすものなので、仮想通貨を潰すような流れは起きないと私は思っています。

ただ、ビットコインが残るかと言われたら、よく分からないと答えざるをえません。

ビットコインがスゴイのは間違いありませんが、ビットコイン以降に開発されたものには、ビットコイン以上のスペックとポテンシャルを持っているものもたくさんあります。そして今後ももっともっとスゴイ仮想通貨が出てくるでしょう。もちろん、ビットコインがずっとスタンダードな存在であり続ける可能性もあります。

いずれにせよ、私はビットコイン、仮想通貨はまだまだ伸びる分野であることは間違いないと確信していますので、今後も信じて投資を続けていきます。

まとめ

今回はビットコイン、仮想通貨について解説しました。

悪いニュースも含め、最近ビットコインの話題をよく目にしたり耳にしたりすることが増えていると感じます。それだけ注目されているということなのでしょう。

仮想通貨の将来性を考えたら、今さら始めたとしても決して遅いとは思いません。むしろまだまだ始まったばかりの分野です。

私は、取引所に登録して実際にビットコインを買ったあと、改めてビットコインのことをもっと知りたいと思いました。ですので、とりあえず小額でも試しにビットコインを買ってみるといいと思います。きっともっともっと興味が湧いてくると思いますよ。

皆さんもビットコイン、仮想通貨を通じて人類の未来に投資してみてはいかがでしょうか?