初心者必見!知らなきゃ損する「取引所」と「販売所」の違い。損をしたくなければ○○だけは選ぶな!

知らなきゃ損する「取引所」と「販売所」の違い

多くの取引所は売買に掛かる手数料の安さをセールスポイントとしてアピールしていますが、初心者の段階では手数料はそれほど重視すべき事とは思いません。

もちろん、一回の取引が最低1千万円以上という人は気にした方がいいと思います。でもそんな高額な取引ができるのは仮想通貨を始める以前に億り人状態のお金持ちだけでしょう。

大抵始めたばかりの頃は一回の取引が数千円、多くても百万円だと思います。私は慎重派なので、2千円くらいから始めました。当然、手数料も大した額にはなりません。

むしろ手数料よりも注意すべきものがあります。それは売買形式の違いです。

取引所によって呼び方が違いますが

・取引所形式
・販売所形式

と一般的に呼ばれています。

ビットコイン、仮想通貨を買う際にこの違いが分かっていないと大きな損をする可能性があります。自分自身も最初にこの違いを知らずに無駄なお金を使ってしまいました。

もしこれから取引を始めようと思っているなら、最後まで読んでから始めることを強くおすすめします。

交換業者(取引所)による違い

ビットコインを扱う交換業者(※)によっては「取引所形式」と「販売所形式」の両方を採用している業者やどちらか一方だけの業者があります。

(※)一般的に仮想通貨を売買できるサービスを提供している業者を「取引所」と呼びますが、売買形式が「販売所形式」「取引所形式」と呼ばれている関係上、こちらの記事ではこれ以降、無用の混乱を避けるために仮想通貨を取り扱う業者を「交換業者」または単に「業者」と記載します。

大手七社を分類した図にしてみましたので確認してみてください。

ややこしいですね。特にに注意したいのは「販売所形式」と「取引所形式」の両方の方法を採用しているビットフライヤーとザイフでしょう。コインチェックももちろんですが。


また業者によって名称の違いがあることを、予め押さえておいてください。

ビットフライヤーでは
・販売所形式=ビットコイン販売所、アルトコイン販売所
・取引所形式=ビットコイン取引所

ザイフでは
・販売所形式=簡単売買
・取引所形式=取引

という名称です。

販売所形式とは?

まずは「販売所形式」を解説します。

ビットフライヤーの「ビットコイン販売所」のページを見てみましょう。

黄色で囲った部分を見てください。

購入価格:1BTC=1,267,657円、
売却価格:1BTC=1,217,575円

と表示されています。この2つの価格はビットフライヤーが決めた価格です。

この購入価格と売却価格それぞれの価格が決められていることが「販売所形式」の特徴です。

販売所形式を例えるとすると

例えるならば、古本チェーンのブックオフです。

本棚に並んでいる本を買う場合はブックオフが決めた価格で買う必要があります。読み終わった本を売るときは、ブックオフが決めた価格で売ることになります。買いたい人と売りたい人が直接売買をするわけではなく、業者が間に立って売買を代行してくれるわけです。

何となく理解できましたか?

では、利用する側にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

販売所形式のメリット

考えられるメリットとして

①すぐに売買できる
②必ず売買できる
③手数料が無料もしくは低い
④操作が簡単

といったことが挙げられます。


①すぐに売買できる

購入価格と売却価格それぞれの価格が決められているので、価格に納得できるならすぐに売買できます。


②必ず売買できる

業者が提示している価格であれば、必ず売買が成立します。買いたい人は売りたい人がいない限り取引は成立しませんね。しかし販売所にはビットコインの在庫がたくさんあるようなものなので、必ずビットコインを売買することができるわけです。


③手数料が無料もしくは低い

多くの業者において「販売所形式」では売買自体に手数料が掛かりません。ただし、後述しますがこの手数料の捉え方には注意が必要です。


④操作が簡単

価格表示が分かりやすかったり、スマホでサクッと売買できたりと、簡単に利用できてしまうのも初心者にとっては心理的に嬉しいと思います。


ざっと四つのメリットを並べてみましたが、「販売所形式」は相場を調べる時間のない超忙しい人や今すぐ1円でも日本円が欲しい人、スマホやパソコンが超不得意な人にとってはありがたいシステムといえるかもしれません。

しかし、ハッキリ言います。デメリットの方が大きいです。特に値段の面で。

販売所形式のデメリット

もう一度黄色で囲った部分の価格を見てみましょう。

購入価格:1BTC=1,267,657円、
売却価格:1BTC=1,217,575円

とあります。

この価格の差は何なんでしょう?購入価格と売却価格との差、約5万円。倍率でいうと約4%です。

この差が何を意味するかということを解説します。

購入価格:1BTC=126万円のときに1BTCを買ったとします。

ではいくらで売れば利益になると思いますか?

「126万3千円で売れば3千円は儲かる」と思った方、残念ながら大損です。

なぜならば売却価格が約4%低い値段に設定されているからです。

極端な話し、126万円で買ってから3秒後に売ったら、売却価格は121万円なので5万円損しちゃうことになります。ビットコイン自体の値段は変わっていなくともです!3秒で5万円ですよ!恐ろしい。

手数料無料と言っておきながら、実質この価格差が超ボッタクリな手数料なわけです。(ちなみに私がこのカラクリに気付いたのは、高く売ったはずなのに買ったときより日本円が減っているのに気付いたときです…。トホホ。)

販売所で売買することは

・購入価格と売却価格の差が激しいので利益が少なくなる

というデメリットがあるということを理解しておきましょう。

★購入価格と売却価格の差のことをスプレッドといいます。

やっぱりビットコインは怪しいもんじゃないか、と思った方。大丈夫です。きちんともう一つの方法「取引所形式」を理解すれば、余計な損をしなくて済みます。

取引所形式は難しい?

Zaifは「販売所形式」のことを「簡単売買」と呼んでます。だからもう一つの「取引所形式」である「取引」は難しいんじゃないかと思われるかもしれません。

ハッキリ言います。全然難しくないです。これはどこの取引所でも当てはまります。取引所に登録して入金できるくらいネットを使いこなせる人なら余裕です。

恐れることはありません。サクっと理解しちゃいましょう。

取引所形式の表示内容

順に説明していきます。

次の画像は「ビットコイン取引所」のキャプチャです。数字がいっぱいですが心配いりません。分かりやすいように枠で囲ってみました。

ついでにZaifの「取引」も見てみましょう。配置は違いますが、同じ項目が表示されています。

実際にページを開いていじってみるとわかると思いますが、④自分が売り買いしたい価格は自由に入力できます。つまり自分で価格を決めることができるわけです。

これこそが「取引所形式」の大きな特徴です。

取引所形式を例えるとすると

現実世界に例えてみるとフリーマーケットのようなイメージです。

とってもオシャレなカバンが売っています。でも値札は付いていません。でも交渉すれば売りたい人、買いたい人それぞれが自分が望む値段で取引することも可能ですよね。

取引所形式のメリット

ビットコインの取引でも同じことが言えます。利用者は業者とやり取りをするのではなく別の利用者と直接やり取りをするわけです。

つまり、取引所形式は、価格が決まっていないから利用者が納得できる値段で取引できる

というメリットがあるわけです。


「ビットコイン取引所」の右側の表をもう一度見てみます。

表の見方としては、

・売りたい人は高く売りたいので上に表示。その中で一番低い価格:1,234,493円

中間:ビットコインの今の相場

・買いたい人は安く買いたいので下に表示。その中で一番高い値段:1,233,881円

という状態です。そして、価格はどんどん変わっていきます。

もしビットコインを買いたい場合、1,233,881円より安く買えそうなら1,233,881円より安く提示すればいいし、もっと高くなっちゃうと思ったら1,233,881円より高い値段で提示すればいいわけです。

すぐに買いたいなら、売りたい人の提示している価格を提示すれば買えます(ビットコインの量によります。この表なら0.004BTCなら1BTC=1,234,493円ですぐ買えるということです)。

★この自分で提示する価格のことを相場の専門用語で「指値(さしね)」と呼びます。

この表のような状態なら1BTCは123万円~124万円で売買することは可能でしょう。

ただし、ちょっと注意することがあります。

取引所形式のデメリット

まずは手数料です。

こちらはビットフライヤーの手数料一覧です。

もし「取引所」で1BTCを買うとしたら100万円以上200万円未満なので0.11%掛かります。

つまり仮に124万円で1BTCを買おうと思ったら1,364円が手数料を取られますので合計1,241,364円合計で掛かることになります。

まぁ、1,364円という手数料は販売所のスプレッドに比べればどうってことないレベルですけど。


それと、もう一点注意が必要です。

それは、取引が成立するまで時間が掛かってしまう可能性があるということです。

自分が提示した価格で買う場合、その価格で売りたい人がいない限り取引は成立しません。よくあるパターンとして、自分が提示した買値よりももっと高い価格で買ってもいいよって人が現れる場合です。

しかしこれは考え方次第です。もし自分がもっともっと高い値段でも買っていいならさらに高い値段で注文をし直せばいいし、こんな高くないはずと思うなら、例えすぐに売り手が現れなくても、価格が下がるのを待っていればいいのです。

取引が成立しない限り、注文はキャンセルできるし注文したまま待っていることもできます。

自分で価格チャート(折れ線グラフ)を見ながら値段を考えたり、いつ売れるかなって想像したりするのはなかなか楽しい時間です。

ということで取引所のデメリットとしては

・手数料が掛かる
・すぐに売買できない可能性がある

ということを考慮しておきましょう。

次の項目では「販売所形式」と「取引所形式」を実際に比べてみていったいどれくらい違うか、どっちの方がお徳かということを考えてみます。

結局どっちがお得?

あらためて「販売所」と「取引所」の値段を並べてみました。ちなみに、どちらともほぼ同じ時刻の状態です。そして取引所では1,234,000円で取引が成立したとします。

販売所で1BTC買うとすると
1,267,657円+手数料0円=1,267,657円

取引所で1BTC買うとすると
1,234,000円+手数料1,357円(0.11%)=1,235,357円

1,235,357円-1,267,657円=-32,300円

★取引所で買えば32,300円安く買えます!


販売所で1BTC売るとすると、
1,217,575円+手数料0円=1,217,575円

取引所で1BTC売るとすると、
1,234,000円+手数料1,357円(0.11%)=1,235,357円

1,235,357円-1,217,575円=17,782円

★取引所で売れば17,782円高く売れますね!


いかがですか?比べてみると圧倒的に取引所で売買した方がお得だということが分かりますよね。

しかも、販売所は最初から購入価格と売却価格が約4%、約5万円の差(スプレッド)があります。(もちろん、スプレッドの値もその時の価格によって変動します。ちなみに、アルトコイン販売所のスプレッドの幅はもっと激しいです…。)

だから、10万円儲けようと思ったら、販売所なら購入価格より単純に計算して15万円以上値上がりしないといけないことになります。取引所なら買った値段より10万円値上がりした時点で売れれば10万円の利益になります

ここまで分かれば、販売所を使う理由なんてないですよね。

まとめ

今回は売買形式である「販売所形式」と「取引所形式」の違いについて解説しました。

「販売所形式」を利用すると損をするということがお分かりいただけたかと思います。

ビットコイン、仮想通貨市場が急成長したのは、投資初心者が「販売所形式」を利用して簡単に売買できたことが大きな要因の一つです。コインチェックが急成長したのは、サクッと売買できちゃう手軽なアプリがあったからでしょう。

私自身、取引を始めた当初はコインチェックのアプリから「販売所形式」で購入をしていました。しかし、ある時ビットコインが好調であるというニュースが届き、保持していたビットコインを売ったときに気付きました。思っていたほど利益が少なかったということに。

これからデビューする人には私と同じ失敗はしてほしくないのです。

デビューしている人も、もし今まで販売所でしか売買をしてこなかったとしたらすぐに取引所を利用するようにしてください。

ハッキリ言って販売所形式はボッタクリです

見えないお金なので実感が持てなくなってしまいますが、大事なお金を扱っているという気持ち、損はしないぞと強く思い続けること、そして自分で考えて行動することを心掛けていれば、きっと利益につながっていくと思います。

残念ながら多くのブログでは交換業者や仮想通貨の良い面ばかり強調していることが多いです。今後、仮想通貨が日本に浸透し発展するためには、利用者をだますような方法は減らしていくべきだと思っています。

ですので、当ブログでは、初心者が知らないと損をしてしまいがちなことに関しても積極的に記事にしていきますので応援お願いします。