仮想通貨の国内取引所、販売所形式と取引所形式を銘柄ごとに一覧にしました

仮想通貨の国内取引所を分類。販売所形式と取引所形式を銘柄ごとに一覧リスト化しました。

ビットコイン、仮想通貨を買うにはまず始めに国内に複数ある取引所の中から自分に合った取引所を選ばなくてはなりません。

こちらの記事では国内の取引所における「取引所形式=指値注文」を採用している業者、「販売所形式」を採用している業者と取り扱っている銘柄についてまとめました。

なお、今回取り上げる業者は、金融庁への登録が済んだ仮想通貨交換業者を中心に扱います。みなし業者は将来的に営業ができなくなる懸念がありますので、これから仮想通貨取引を始めようと思っているのであれば「登録業者」を利用する方が賢明でしょう。※コインチェックは比較のために掲載しました。

関連記事>>>仮想通貨の国内取引所一覧 ~「登録業者」と「みなし業者」はどっちを選ぶべき?

仮想通貨取引所における販売所形式と取引所形式とは

国内の取引所において仮想通貨を売買するには、「販売所形式」か「取引所形式」のどちらかを選ぶ必要があります。まずは簡単にそれぞれの特徴について解説します。

>>>解説を飛ばして一覧リストを見るにはこちら(ページ内ジャンプ)。

仮想通貨取引所の「販売所形式」とは

販売所形式とは、業者が利用者の購入価格と売却価格を設定している形式で、利用者は提示された値段でしか買うことができません。シンプルで分かりやすい表示になっていることが多く、さらに売買手数料が無料である場合もあるなどのメリットがあります。しかし、設定されている購入価格と売却価格にはかなりの幅(スプレッド)があり、大きな価格変動をしない限り利益を上げることが難しいと言えるでしょう。

上のキャプチャはビットフライヤーのビットコイン販売所のページです。強烈な価格差であることが分かります。この価格差が取引所の利益になることは言うまでもありません。

仮想通貨取引所の「取引所形式」とは

取引所形式とは、利用者(売り手と買い手)が自由にそれぞれの決めた価格で注文ができる取引のことです。例えるならば、フリーマーケットや魚市場のイメージ。売り手と買い手がそれぞれ値段を言い合って、お互いの値段がマッチングしたら取引が成立します。

自らが決める価格のことを「指値(さしね)」と呼び、指値による取引を「板取引(いたとりひき)」といいます。

販売所と比べると売り手と買い手が提示する価格の差は圧倒的に狭く、より相場に近い価格で取引ができるメリットがあります。

ただし、板取引には取引手数料が掛かり販売所形式の売買手数料よりも高く設定されている場合がほとんどです。しかし、大抵は0.2%以下で設定されているので、小額投資であれば気になるレベルではないと思います。

取引所形式を選ぼう

簡単な説明ではありますが、仮想通貨を少しでも有利に売買しようと思うのならば指値注文のできる「取引所形式」を利用した方がお得であることがご理解いただけたかと思います。

この「販売所」と「取引所」との違いについてのさらに詳しい解説は、知らなきゃ損する「取引所」と「販売所」の違い。損をしたくなければ○○だけは選ぶな!という記事でまとめていますので参考にしてみてください。

販売所形式と取引所形式の業者一覧リスト(銘柄付き)

少しやっかいなのですが、取引所によってビットフライヤーやザイフのように「販売所形式」と「取引所形式」両方のパターンを採用している業者があります。さらに銘柄によって「販売所形式」のみであったりもします。分かりやすくするために表にしてみました。

※なおリストには、金融庁への登録が済んだ業者(営業中のみ)を掲載し、登録申請中のみなし業者からは参考のためにコインチェックのみ掲載することにしました。

登録業者とみなし業者の一覧は、仮想通貨の国内取引所一覧 ~「登録業者」と「みなし業者」はどっちを選ぶべき?という記事を参考にしてみてください。

販売所形式と取引所形式の両方パターン

・ビットフライヤー

販売所形式
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
取引所形式
  • ビットコイン(BTC)
・ザイフ

販売所形式
  • ビットコイン(BTC)
  • モナコイン(MONA)
取引所形式
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ネム(XEM)
  • ビットクリスタル(BCY)
  • カイカコイン(CICC)
  • コムサ(CMS)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • ぺぺキャッシュ(PEPECASH)
  • ストレージコインエックス(SJCX)
  • カウンターパーティー(XCP)
  • ザイフ(ZAIF)
  • ゼン(Zen)
・フィスコ

販売所形式
  • ビットコイン(BTC)
  • モナコイン(MONA)
取引所形式
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • カイカコイン(CICC)
  • フィスコイン(FSCC)
  • ネクスコイン(NCXC)
・コインチェック

販売所形式
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム・クラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • モネロ(XMR)
  • オウガー(REP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ネム(NEM)
  • ダッシュ(DASH)
  • ファクトム(FCT)
取引所形式
  • ビットコイン(BTC)

販売所形式のみのパターン

・DMM Bitcoin

販売所形式
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
・GMOコイン

販売所形式
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
・Bitgate

販売所形式
  • ビットコイン(BTC)

取引所形式のみのパターン

・ビットバンク

取引所形式
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • モナコイン(MONA)
・コインエクスチェンジ
(QUOINE)

取引所形式
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • キャッシュ(QASH)
・ビットトレード

取引所形式
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • モナコイン(MONA)
・BTCボックス

取引所形式
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
・ビットポイントジャパン

取引所形式
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

まとめ

国内の仮想通貨取引所を売買形式である「販売所形式」と「取引所形式」で分類してみました。

取引所を選ぶ際は、まずは取引において損をしないためにも指値注文ができる「取引所形式」を採用している業者の中から選ぶべきでしょう。

また、ハッキングやサーバーダウンなどのリスクを減らすためにも一つの取引所ではなく複数の取引所を利用することをオススメします。

関連記事>>> 仮想通貨のリスク対策・取引所を分散させよう!

私がオススメする仮想通貨取引所

以上をふまえ私は、

・ビットコイン=ビットフライヤー、ザイフ、ビットバンク
・アルトコイン=ザイフ、ビットバンク、コインエクスチェンジ

と銘柄ごとに取引所を使い分けています。もちろん「販売所」は利用せず指値で取引をしています。

ちなみに、なぜBTCボックスやビットトレードなど他の取引所形式を採用している業者を使っていないのかというと、一番の理由は取引量(流動性)が少ないと感じるからです。取引量が少ないと注文がなかなか成立しないという可能性がでてきてしまいます。

一方で上記に挙げた私が利用している取引所は、銘柄にもよりますが取引量の面で不満に思うことはあまりありませんので、皆さんにも自信を持ってオススメできます。

「販売所形式」と「取引所形式」の違いを理解し、自分と相性の良い取引所を見つけ、より有利な投資をしていきましょう!