NEMのチャート上の意識すべき価格 ② 【NEMキャッシングチャレンジ69!《8》】

NEMのチャートから読み解く意識すべき価格 ② 【NEMキャッシングチャレンジ69!《8》】

2018年4月13日の金曜日、人生を賭けてクレジットカードで69万円をキャッシングしてNEMを購入してから十日が経過しました。

≫≫≫ NEMをキャッシング限度額69万円分で購入して人生を賭けるプロジェクトの記事一覧

前回の記事では、チャートを利用してNEMの値動きをサポートライン、レジスタンスラインを引いてみて、意識すべき価格があるということを記事にしました。

≫≫≫ NEMキャッシングチャレンジ69!《7》チャートから読み解く意識すべき価格(前回記事)

本日は、前回の続きとして、過去1年のNEMのチャートにラインを引いてみて意識すべき価格を具体的に探してみようと思います。

さらに、サポート・レジスタンスライン以外の意識すべき価格についても書きましたので最後までご覧ください。

レジスタンスラインとサポートライン(前回のおさらい)

前回は過去の値動きから意識すべき価格として、レジスタンス/サポートラインを見てみました。実際にチャート上にラインを引いてみる前におさらいします。

レジスタンスライン:
レジスタンスラインとは、なかなか超えられない価格帯のラインのことをと言います。上から押さえつけられている、抵抗されている(レジスタンス)というイメージだと分かりやすいと思います。
サポートライン:
サポートラインとは、これ以下になったらヤバイ価格帯のラインのことを指します。ここまでは踏ん張って支えている(サポート)というイメージです。

NEMのチャートにラインを引いてみる

それでは2017年4月からのNEMのチャートにラインを引いてみましょう。

価格の起点になっている場所を探して24本の水平ラインを引いてみました。

一番上のレジスタンスラインがオールタイムハイ(全期間の最高値)の244.7円
一番下のサポートラインをオールタイムハイ以降の最安値の20.6円としました。

もう少しチャートを大きくしたものがこちら。昨年の年末からのチャート。爆上げが始まる時期から現在までのもの。

続いて、もっと大きくしたもの。コインチェック事件の後、2018年1月末あたりからのチャートです。

引いてみたラインは次の表の通りです。ついでに増減の割合と利益も載せてみました。

現在のNEMの値段が41円台なので、次に目指すのは先日の高値の44.6円。それを調子よく超えたらその次は3月に一度起きた高騰時の最高値である56.7円を目指して行くのではないかと思います。

56~57円のラインは強いラインとして昨年末から意識されていた価格帯なので、恐らくこのラインに到達したら一旦は調整(価格が戻ること)して再び40円台に下げるのではないかと思います。

もし、勢いよく60円台を突破して定着すると今度は56~57円が逆にサポートラインとして底上げされることも考えられます。

いずれにせよ、56~57円は何かしらの激しい値動きが予想されるでしょう。

私にとっては62.5円が含み益100%に到達する値段なので、このあたりの価格帯(60円前後)で一旦利確することは検討する余地があると思っています。

レジ・サポライン以外に意識すべき価格

さて、改めてNEMのチャートにレジスタンス・サポートラインを引いたものを見てみます。

値段が低い所はかなり細かい値段で引いたのですが、上の方の値段は区切りのよい値段で引いています。

もちろん、細かく小数点以下の価格ラインで正確に引くことはできるのですが、あえて大雑把に引いてみました。

なぜなら、一つ重要なポイントを前回に書くのを忘れていたからです。

前回はレジスタンス・サポートラインは意識されるラインであることを解説しました。

でも、もしかしたらこんな疑問を抱いた方もいるかもしれません。

  • 上場直後の取引がまだほとんどされていない場合はどうなる?
  • オールタイムハイを更新した場合は??

この疑問に対する答えることは様々な考え方があって非常に難しいのですが、今回は一つ単純なポイントをお伝えします。

それは、人はキリの良い数字が好きだ、というものです。

人はキリの良い数字が好き

今あなたは潮干狩りに来ているとします。

あなたは97個のアサリを取りました。でもまだ時間はあるし、アサリももっと掘れば簡単に取れそうです。

さて、どうします?

私なら5分余計にかかっても3個追加で取って100個にしちゃうと思います。

皆さんも似たような経験ありませんか?

そう、人はキリの良い数字が好きなんですw

仮想通貨の取引も同じです。58.9よりも59。59なら60…みたいな感じで無意識的にキリが良い数値を目指してしまいます

NEMの値動きであれば、50円、100円、150円、200円…のような数字は、予め意識しておくと先手を取って取引ができるのではないでしょうか。

もし最高値の244円を超えたら当然250円を目指して価格は上昇していくでしょう。

ということで、今回のNEMのチャートには、あえて上の方のラインは、レジスタンス・サポートラインでありながら細かい数値は省いてキリが良くて意識されやすい区切りの良い価格にラインを引いてみました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は前回の記事の延長として、NEMのチャートにおける意識すべき価格にラインを引いて具体的に示してみました。

また、レジ・サポライン以外にもキリが良い数値は意識すべき価格であることも解説してみました。

仮想通貨は価格変動が激しく、急騰、急落はつきものです。

しかし、レジスタンスライン・サポートラインや区切りやすい数値を予め把握して取引に挑んでいれば、急な価格変動が起こっても不必要に慌てずに済むかもしれません。

備えあれば患いなし。

より多く利益を上げるために、できる準備はしておいて、賢く立ち回ることを心掛けたいですね。

最後に現在の資産状況です。

また次回!

≫≫≫ 2017年の4月~5月のNEMのチャートがヤバすぎる【NEMキャッシングチャレンジ69!《9》】(次回記事)

≫≫≫ NEMのチャート上の意識すべき価格 ① 【NEMキャッシングチャレンジ69!《7》】(前回記事)

≫≫≫ NEMキャッシングチャレンジ69!の記事一覧