NEMキャッシングチャレンジ69!《5》セゾンカードからの手紙

NEMキャッシングチャレンジ69!《5》借金返済のプロセスを把握する

この記事は仮想通貨NEMをキャッシング限度額で69万円分を購入して人生を掛けてみるプロジェクトについて書かれたものです。

≫≫≫ キャッシングチャレンジ69!の記事一覧はこちらから

前回の第4回目の記事では、現在保有しているNEMを元に、NEMの価格に対応した資産推移に関する表を作り現状を把握しました。

今回は前回作成した表を元に具体的な戦略を立てようと、色々と妄想をしてワクワクしながら帰宅したのですが、家にあるものが届いていて、急に現実に引き戻されました。

届いたものとは、これです。

NEMを借金して買っていることを再認識しました。

この記事のタイトル『NEMキャッシングチャレンジ69!』の通り、私はクレジットカードのキャッシング枠ギリギリの69万円を使ってNEMを購入しています。

なぜキャッシングをしたかは、『キャッシングチャレンジ69!《1》始動!クレジットカードのキャッシング限度額を仮想通貨に投資することにしました。という記事で詳しく書いていますが、仮想通貨の市場がにわかに活気を取り戻しつつあり、投資をしたいにもかかわらず、単純に貯金が底をついてしまっていたので、クレジットカードのキャッシングを利用せざるをえなかったからです。

さて、クレジットカードでキャッシングしてからZaifに入金し、NEMを購入するまで全て電子的な処理で行っているので、69万円の現金を現実で見たり触ったり重みを感じたりしていません

現金を使わないメリットって、重い財布を持つ必要はないし、いちいちお釣りを計算したりしなくてもいいなど様々あると思いますが、一方で、お金のありがたみをあまり認識できないような弊害があるのではないかと思います。

いいですか、しかもこれは仮想通貨の話しではないんですよ。

クレジットカードやネットバンキングなど今利用できる電子マネーの話しなんです。

現状ですらこんな感覚に陥るんですから、将来的に仮想通貨が普及したらもっともっとお金に対する感覚が変化していくことになるでしょう。

借金なんかももっと簡単にできるようになっちゃうかもしれません。

すみません、話しが大きく脱線してしまいました。

私は現実のお金を見ることなく69万円という額の借金をして、そしてネット上のやり取りだけでNEMを購入している訳です。

正直あまり現実感が無かったのは事実です。

しかし、この手紙が届いて、

やっと認識したわけです。

「けっこうヤバイことやってる」

ということをw。

前回の記事で、NEMの価格に対応した資産推移に関する表を作って現状を把握したつもりでしたが、まさに捕らぬ狸の皮算用でした。

それより前に

己の借金のこと

をちゃんと調べておくべきだと思いました。

クレジットカードの返済方法

クレジットカードを利用したことがあれば分かると思いますが、返済の仕方って色々あるんですよね。

一括で払ったり、最悪の場合、他のクレジットカードからキャッシングして支払ったりとかできます(これは一番危険な返済方法ですけどね)。

基本的に、月々の返済額を少なくし返済する回数が増えれば増えるほど、トータルとしての利息も比例して増えていきます。そして、返済する額を分割して支払うことをリボ払いと言います。

ちなみにクレジットカード会社は、リボ払いの回数が多ければ多いほど儲かるので、やたらリボ払いを薦めてきますw

さて、私がキャッシングしたクレジットカードと利用金額は、

  • セゾンカード:20万円
  • 楽天カード:49万円

です。

セゾンカードのリボ払い

セゾンカードから届いた手紙の中身はこんな感じになっています。

私はキャッシングの際にリボ払いにしてくれと頼んだわけではないのですが、自動的に25回のリボ払いに設定されていますね。

ちなみにセゾンカードのホームページで支払い方法などを色々調べたのですが、複雑すぎて完璧には理解できませんでしたw。

これはもう毎月定額支払おうってなっちゃいますね。

上の表は、よく分からないながらも頑張って理解した情報を元に、毎月の支払額と残高を示したものです。支払う回数も、ボーナス一括で支払えたり、もっと毎月支払う額を増やしたりなど色々選べるようです。

利息の合計が4万円くらいなら全然余裕でしょって思ったのですが、49万円借りている楽天カードを忘れていました

楽天カードのリボ払い

ということで、楽天カード。こちらは返済シミュレーションのページが使いやすかったです。

まだ締め日前なので確定されていないのですが、セゾンカードと同様に25回払いになるようにすると、このように支払うことになるようです。

毎月の支払額は最大27,249円から徐々に減っていくようです。

セゾンカードと楽天カードを合算する

それにしても25回払いというのは途方もない回数です。

今から支払い続けると、東京オリンピックが始まるころに清算できる計算ですね。

現実問題として、2年以上かけて清算するとは考えていませんが、

最悪の場合として25回に分けて返済するとすると、利息を含め、

242,622円+582,452円=825,074円

が必要になります。つまり、

2020年の6月までに、135,074円以上稼げば、これ以上の借金をする必要がないわけですね。

最初の返済日までにどれだけ稼げるか

とは言え25回払い多すぎるので、最悪のケースとして設定します。

もし今から数か月の内に100万円くらいの利益が生まれたらガツンと残額を全部支払っちゃうと思います。

さらに、私にとって非常に都合が良い点があります。それは一番最初の返済の日付です。

  • セゾンカード:2018年6月4日(10,000円)
  • 楽天カード:2018年5月27日(27,249円)

現時点(4月19日)から一カ月以上の猶予があります

これはありがたい

なぜなら、これから今月末にかけて給料日、そしてゴールデンウィークがあり相場が活気立つと期待できるからです。

さらに、その後も6月末から7月初旬にかけて夏のボーナスのシーズンがやってきます。

最近の右肩上がりの相場なら、案外最初の返済日前に一括で返済できちゃうんじゃないかとも思っています。

もちろん、相場に絶対はありません

当然、元本割れしてしまう可能性は大いにあります。

私は現在、雀の涙ほどの給料の中で生活していますので、NEMの動向に危険を感じたら一旦このプロジェクトの中断も考える必要が出てくると思っています。

そうなった場合は、全て利確して返済できる分は返済するつもりです。まぁ、大丈夫だと思いますけど…。

毎月の支払額を知ったら、何とかなりそうだと思ってきました。

今回は、クレジットカードの毎月の返済額を調べてみました。

現実を知るために調べたにも関わらず、毎月の支払いが4万円弱なら、多少利息を多く支払っても大したことないな、と俄然やる気が出てきてしまいましたw。

ヤバイことやっているんですけどね。

なぜこれほどまでに私が余裕をかましているかというと、

仮想通貨の未来、NEMの未来の栄光に確信に近いものを感じているからです。

とは言え、過信はいけません。

そして、冷静でいなければなりません。

そのためには緻密な戦略が必要なのです。

地密な戦略を立てるには得られる情報は獲得しておく必要があるのです。

だからこそ、前回、今回と自分の置かれている状況を把握することに努めてきました。

次回こそは、借金を返済するために日本円を獲得する戦略を考えていこうと思います。

その前に、NEMが100円になっちゃったら!?

このプロジェクトは卒業ですw

なお、運よく今のところ元本割れはしていません。

それではまた!

≫≫≫ NEMキャッシングチャレンジ69!《6》一週間経過した現状のご報告

≫≫≫ NEMキャッシングチャレンジ69!の記事一覧はこちらから